3万円みーつけた!

明け方、布団をたたみ、着替え、雨戸を開け、帽子を被り、お世話になりました。家に帰ります。と、ガラクタ(父にとっては宝物?竹のくずやら、紙やすり、碁石等々)詰まったショルダーバッグを抱え、玄関を出ようとする父。様子を見ながら知らないふりの私。何と意地の悪い娘か・・・チラチラと後ろを振り返り、なかなか一歩が出ない。父さん待って~~どこへも行かないで!を期待している?以前よりなかなかの役者である父ですが、これが本当になり、徘徊するようになっては困るな。とここは私が折れた。お腹すいちゃったかな、早めのご飯にしようね。もうすっかり家出は忘れている。朝食とりながら、子供みたいだなぁ。おかしくて、一人でニヤニヤした(*´∀`) 可愛いけど、可愛くない!
ショートスティのお迎えが来るまでずっとお片付け。引き出しからあれこれ引っ張り出してはしまいの繰り返し。お姉ちょっと来て!ここにお金が入ってるって、ノートの間に挟まったピン札3枚。3万円はっけ~~~ん。こんな所に何でだろうって、首を傾げる父。きっと母さんのヘソクリだよ。と即没収( ̄m ̄〃)ぷぷっ!で、3秒もせずに忘れてる。一時はお金に執着していたものですが、進んだんですね~認知。それは父さんがこっそり隠したヘソクリよ!

カテゴリーhiro

4 Replies to “3万円みーつけた!”

  1. はて。
    おじぃちゃんの自慢の昔のお金アルバムはいずこ??
    指輪ケースもどこいったのかしら??

    1. ソファの妖怪さんありがと。
      そうそう。先日もヘルパーさんとの連絡帳がなくなっちゃって、あっちこっち皆で探してもない。ヘルパーさんの事務所に問い合わせたら、そのうち出てきますよ。どこからか・・・って。慣れてます。動じません!ごもっとも。あたふた探すのもったいないと思ったら出てきました。テレビ台の下から・・・そんなもんです。皆そのうち出てくるね。狭い家の中だもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です